助手席回転シートにシートカバーってつくの?つくよ!一応は、だけど。

NO IMAGE

助手席回転シートの福祉車両は、見た目的にも中身的にも普通のクルマと大差ないです。さて、新しいクルマを買ったら、いろいろとやってみたいことがあるとおもいます。たとえば、アクティビティ(旅行)だったり、内外装のカスタムだったりと。

今回は内装カスタムに関することを書いていきます。

内装カスタムには、シートカバーでシートをレザーシート風にするというものがあります。

このシートカバー様々なところから製品が出ていて、どれもものすごく高クオリティ。あたかも本当のレザーシートになったかのような気分を味わえます。

クラッツィオとかが有名ですよね。

さて、新しい福祉車両(助手席回転シート仕様)を買って、シート汚れそうだしシートカバーつけたいなーって思う人もいるとおもいます。いや、自分は思いましたし、つけました。

しかしです。

このシートカバーって助手席回転シートにくっつくの?

って考えてなかなか導入にいたりませんでした。

調べてもどこにも情報がないし、つけてる人もみないし、店員さんに聞いてもわからない(そりゃそうだ)との返答。

というわけで、ここでざっくり書いてしまいます。

結論としてはつきます。

ただし不格好にはなる

つきはしますが、不格好になります。

というのも、助手席回転シートの底面には、回転を実現するための金具があるのですが、それと干渉して、シートカバーを固定する紐を結ぶことができません。

本来、シートの底面に隠れて見えないはずの皮が、助手席の背面から、ふんどしのようにぷらーんって下がっています。

ダサいよね……。

そこさえ、除けば普通にくっつくし、フィッティングも良好です。

あまったレザーがぶらぶらすることを除けば普通にくっつくよ!

ということでよろしくお願いします。

Uncategorizedカテゴリの最新記事